金属焼付塗装、粉体塗装、樹脂塗装、アクリル、ウレタン塗装、ナイロンコーティング 等、表面処理

太陽塗装
業務案内
太陽塗装の特徴
発注の流れ
弊社が携わる焼付塗装図
アクリルウレタン塗装・粉体塗装    メラミン・アクリル焼付塗装とは
ナイロンコーティング
様々な機能を        兼ね備えた塗装
意匠性&変わり種塗装
製品紹介 

インフォメーション
よくあるご質問
お問い合わせ

会社案内 塗装 ナイロンコーティング
代表挨拶          会社案内&マップ
スタッフ紹介
設備概要
ブログ
採用情報
カレンダー

試作、小ロット 愛知県

メラミン焼付塗装
   全て手吹き塗装で仕上げます


(アクリル)ウレタン塗装
産業用ロボット部品 ウレタン塗装とも言います。
アクリル樹脂の主剤とイソシアネート化合物の硬化剤からなる二液型塗料です。
塗料と硬化剤を混ぜて塗装します。
自動車の補修塗装でよく使用されていますが、
工業塗装製品でも多く使用されています。
プラスチック部品や大型の製品に向いています。
このぺージに載せている写真はロボットの部品を塗装したものです。難度の高いマスキング、凹凸をなくす高度な技術で、高い評価をいただいております。
見た目に美しいのはもちろん、多様な動きを邪魔することのない様、長年培った職人技で正確に塗装を完成できる様、
日々試行錯誤の連続です。

粉体塗装
粉体塗装とは字の如く粉状(パウダー)の塗料を
特殊な静電気等を発生させて専用ガンを使用して
部材に吹き付ける塗装法です。
流動浸漬法と言うパウダーを入れたタンクに
部材を熱しておいてディッピングする方法もあります。
他の塗料と違い溶剤を使わないので
危険性も少なく環境にも優しい塗装方法です。
特徴:1回の塗装での膜厚選択出来る。(40〜150μ)
焼付温度は、180℃〜200℃(弊社の実績より)
溶剤の焼付塗装との違いは、溶剤塗装の場合、オーバースプレーによりタレが発生する為不良品になります。一方、粉体 塗装の場合は、オーバースプレーにより塗着しなかった粉体塗料は、回収精製により再使用が可能のため、有効利用でき、カラーバリエーションが豊富で自動化も可能な為、自動車のボディー等に使われています。
現在では、より様々なカラー・意匠性のある粉体塗料もありますのでご希望のカラーが見つかると思います。
弊社では、小ロット、試作塗装専用の粉体塗装設備もございます。
1個からでも大丈夫です。気軽にお試し頂いて、ご希望の製品を完成させるお手伝いをさせて頂けたら幸いです。

メラミン塗装
最も一般的な金属用焼付け塗装です。
メラミン樹脂塗料を吹き付け120℃〜140℃の温度で焼きつけます。
各種金属に対応可能で弊社で最も多く塗装している方法です。

アクリル塗装
アクリル焼付塗装は、メラミン焼付塗装に比べ硬さと耐久性のあるアクリル樹脂塗料を使用した塗装です。
焼付け温度がメラミン焼付塗装より高くなります。
アクリルウレタン塗装と名前は似ていますが、違う性質をもちます。 【弊社焼付塗装図参照】アクリルウレタン塗装は、焼付ではありません。しぜんに乾燥させて仕上げます。 一方、アクリル焼付は、150℃〜170℃で焼付、硬化させていきます。その為、塗膜の硬さ、耐久性が出て、 メラミン焼付塗装よりは、より高度な塗膜が完成されます。例えば、医療機器の場合、使用頻度の高い把手部分や人の足で踏みつけられる 土台部分等、塗膜を傷つけたり、汚したくない部分に使用されています。又、屋外仕様や過酷な環境での使用が考えられる場合等、用途は様々。 目的に合った方法で選択する事が大切です。
是非、ご相談下さい。

▲このページのTOPへ
▲HOMEへ

(株)太陽塗装

COPYRIGHT(C)2009 試作塗装・ナイロンコーティング 粉体塗装. ALL RIGHTS RESERVED.